×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭対策はサプリメントで

口臭サプリメントと呼ばれるサプリメントを摂取することで、口臭を抑えることができます。この口臭サプリメントに含まれている口臭予防の成分にはいろいろなものがあります。例えば、口臭サプリメントに配合されている成分の中でとても身近な成分がカテキンです。カテキンは緑茶に多く含まれている成分で、ポリフェノールの一種として有名な成分です。子供さんにはローズオイルから作られたローズサプリがお勧めです。

子供特有の口臭原因があります

子供の口臭が起こる場合で、その子供の口臭が、あるとき急にひどくなるということは通常考えにくいものです。普通の子供の口臭が、だんだんとひどくなっていく、あるいは時々ひどい口臭がするなどの場合であれば、大半の場合、その子供の口臭の原因は歯科的なものだと考えられます。子供の口臭のうち、歯科的なものが原因というのは、例えば未治療の虫歯がある場合などが考えられます。また、いくらかの歯が慢性的な炎症を起こしている場合なども、子供の口臭の原因となることがあります。また、子供の口臭の原因として、あまり歯磨きを丁寧にしないことが挙げられます。このようなことが原因の子供の口臭の場合は、歯垢が沢山たまっていて、それが口臭の原因となっているのです。この場合は歯磨きをすると出血を起こすこともあります。他に子供の口臭として考えられる原因には、子供が鼻で呼吸をせずに口で呼吸をしている場合などが考えられます。

子供の口臭は虫歯がほとんどです

口臭の一つの原因に虫歯があり、その口臭は虫歯の口臭と呼ばれます。虫歯の口臭は、未処置の虫歯を放置しておくことにより、口の中で細菌が繁殖することで起こる口臭です。虫歯を放置しておくと、穴のあいた虫歯の部分に食べ物のかすなどがたまっていきます。その食べかすを細菌が栄養にして、酸を生産し、その酸により歯が溶け出してさらに虫歯が広がっていくのです。そのようなことをくり返して、さらに虫歯を放置しておくと、歯の中で細菌が次々と増殖していき、化膿して膿が出ることになります。口の中に虫歯があると必ず口臭がします。虫歯が口の中にあるということは、沢山の細菌を口の中で飼っているということと同じだからです。虫歯の口臭は、虫歯が無くならないことには口臭もなくなりません。そのため虫歯の口臭がある場合は、虫歯の治療をする必要があります。それまでは口臭体臭を元からシャットアウトするローズオイル配合のローズサプリで吐息はバラの香りになります。